墓石の手入れ

墓石の豆知識

慎重に選ぼう!墓石の種類と選び方

お墓を建てる際に、迷うもののひとつに、墓石の種類があります。
墓石の種類によっては、お墓の雰囲気が大きく変わってしまうこともあるため、慎重に選ぶことが大切です。
原料となる石は、国内産と海外産のものとがあり、海外産のものはインドや中国を原産としたものが多く使用されています。
自然が作り出したものであるため、二つとして全く同じものはありませんが、産地などにより色や模様、材質に特徴があります。
特に、長い年月で使用することの多いお墓は、耐久性のよいものほど魅力的です。
しかし、この耐久性の良さと価格が比例していないため、慎重に選ばないと後悔することもあります。
耐久性の良さは、吸水性が低いもの、硬度が高いものを目安に選ぶとよいでしょう。
また、色や模様を選ぶ際には、実際の石を見せてもらったり、同じ石を使用して既に建てられているお墓を見せてもらうなど、実物を自分の目で確認することが重要です。
もし、可能である場合には、何年か年月が経過したお墓を見せてもらうと、月日の経過と共に変化する石の様子を知ることができるため、墓石選びに役に立ちます。
人それぞれ好みはありますが、それぞれの特徴を知り、希望にあったものを見つけるとよいでしょう。

墓石の正しいお手入れについて

先祖を祀るお墓は屋外に長い年月置くことが前提なので、経年劣化しにくい上質な墓石を使用することが長持ちさせるための条件です。
また、お盆や彼岸などの特定の時期に墓参りに訪れるのが一般的なのでこまめな清掃が難しい問題もあることから、墓石には汚れが染み込みにくい加工を施すことが大切です。
特に雨水や小動物の糞は石の変色や破損の原因になることから、墓石の作成の際には細心の注意を払う必要があります。
石にこびり付いた汚れを落とす際は表面に傷が付かないように柔らかい布などで拭き取り、綺麗な水で洗い流します。
また、湿気をそのまま放置すると石の品質低下に繋がることから必ず水気をすべて除去します。
特に氏名や没年を刻んだ部分は汚れや水気が溜まりやすいので丁寧に清掃作業を行うように心がけます。
害虫の繁殖も石のひび割れや破損を引き起こすことがあるので、周囲の雑草やごみを取り除きますが、その一方で殺虫剤や除草剤は含有成分が石を傷める可能性があるので使用の際は注意が必要です。
墓地は複数の人が利用する場なので、周囲に薬剤や汚れた水が飛散しないように作業も慎重に進めることが石を良好な状態に保って長持ちさせるための重要なポイントです。


recommend

親切・丁寧・経験15年以上の職人が対応しますので安心してお任せください。

外壁塗装 福岡

撮って出しの結婚式エンドロールがつなげる幸せの絆。一眼動画の当日エンドロールはもちろん、結婚式をまるまる1日、一眼動画で記録いたします。

結婚式のエンドロール制作

新潟|全都道府県の全身脱毛・脱毛人気サロンの口コミ料金比較!

脱毛 新潟

お求め安い価格のアレンジから高価なアレンジまで多様に取り揃えております。

誕生日プレゼント プリザーブドフラワー

クリーンルーム・クリーンブース・エアーシャワー・パスボックスの施工・設置、及びメンテナンスを行います

クリーンブース

名前やメッセージ、ロゴマークなどを彫刻した、お客さまにとってオンリーワンの名入れ記念品を製作・販売しています。

周年の記念品

京都留袖レンタルなら、追加費用が一切不要なフルセット。通常オプション(別途料金)となる草履、バックも補正用タオルも全てお届け致します。

留袖のレンタル

最終更新日:2016/7/28

COPY RIGHT (C) 墓石の豆知識 ALL RIGHT RESERVED